タイマッサージスクール無料講座。チェンマイにあるタイ国文部省公認のチェンマイクラシックアートタイマッサージスクール(CCA)の無料オープン講座です。タイでタイマッサージ師として要求される倫理感は、仏教がバッククランドになっています。タイ人は96%が仏教徒です。
1時間目
タイのタイマッサージテキストには、少しお説教臭い教えが書かれています。
その古めかしい言い回しは、少し拒否感さえ感じさせるもので、足早に通り過ぎがちです。
ここでは、そのバックグランドになっている仏教の源泉側からアプローチし、現代的で新鮮なエッセンスを加え、少し立ち止まって考え直してみようと思います。

お医者さんのモラルや倫理の基本になっているのは「ヒポクラテスの誓い」です。
それは、

1.恩師への服従
2.能力と判断の及ぶ限り患者の利益を目的として治療する。不正目的の治療はしない。
3.求めれても安楽死や堕胎の手助けはしない。
4.患者等他人の秘密を守る。

などですが、タイではタイ伝統医学のタイマッサージ師はお医者さんと同様なので、ある程度医師同等のモラルや倫理が要求されています。
ヒポクラテス(紀元前460年-紀元前377年)は古代ギリシャのお医者さんで、現代医学のシンボル的存在ですが、これをタイマッサージになぞらえれば、とりわけインドのシワカ・コマラパが該当するかと思われます。

シワカ・コマラパは、仏陀の時代の人ですが、タイマッサージのモラルと倫理には、仏教の教えがにじみ出ています。
ホーム
理論講座
1時間目
タイマッサージ道
2時間目
癒しの瞑想
3時間目
タイマッサージの歴史
4時間目
タイマッサージの分類
5時間目
四大元素理論とタイ伝統医学の基礎
6時間目
10本の主要エネジーライン
7時間目
行列のできるマッサージ
8時間目
タイマッサージの秘訣と独特のリズム
9時間目
タイマッサージの4ポーズ
10時間目
タイマッサージのテクニックと略語
11時間目
タイマッサージの解剖生理学(1)
12時間目
タイマッサージの解剖生理学(2)
13時間目
タイマッサージの法律
14時間目
タイハーブとタイ伝統医学
15時間目
ルーシーダットンとヴィパッサナー瞑想
16時間目
理論テスト

タイマッサージ道
タイマッサージの学習心得
タイマッサージは、理論と実技(技術)から成り立ちます。
タイマッサージを学ぼうとする者は、理論を正しく深く理解し、正しく安全な実技ができるように、次の4つのチャイ(心)を持つことが必要です。

1.興味を持つこと ソン・チャイ
タイマッサージは、相互の健康増進に役立ち、己及び家族を養うことができるものであると信じ、その学習に興味を持つこと

2.意欲を持つこと タン・チャイ
タイマッサージを学ぼうとする者は、強い意思を持ち、勤勉で忍耐強く、安全で正しい施術ができるように、技術の向上に努めること
そのためには

①教える人の話を良く聞くこと
②原因と結果をよく考えること
③分からないことは、恥ずかしがらず人に聞くこと
④ノートをとること

3.熱心であること サイ・チャイ
タイマッサージを学ぶ者は、常に熱心で、他人の言葉に耳を傾け、反対の意見も考慮し、常に最新の知識や技術を習得するように心がけること

4.誇りに思うこと プーミ・チャイ
タイマッサージは、祖先が継承してきた財産であり、タイ人のアイデンティティとして、他の職業に劣らぬりっぱなものであると誇りを持つこと
タイマッサージの学習方法
1.ステップバイステップで、順序良く勉強すること
2.ノートをとり、自分でマニュアルを作成すること
3.手順の説明図を描くこと
4.宿題をすること
5.宿題は必ず提出すること
6.毎日出席すること
7.復習すること
8.仲間と練習しあうこと
9.わからないことは、その日のうちに解決すること
10.プロの施術を良く研究すること
セラピストの人格
ただ技術や知識があるのみでなく、気質が穏やかで、どんな対応も適切でまとを得たものであること。
立ち振る舞いは品行方正で、道理にかなっていて、みなから信頼され、優美さをもったセラピストであるように、日頃から「身・口・意」(しんくい)をコントロールできるように鍛錬すること。
セラピストのモラルと倫理
1.自分に自信があるかどうかを問わず、自分の実力をを誇大表示・吹聴しないこと。
良いセラピストは、口コミで、自然に広まって行くものである
2.どんな種類のことでも、報酬や名誉のためにクライアントを落としめてはいけない
3.他人を低めて、自分を高めるような態度で、他人の信望を失なわないこと
4.女性のクライアントに、身心両面で紳士的な扱いをすること
5.賭け事、異性、ドラッグに耽溺して、破滅を導かないこと
6.同僚、クライアント、その他の人たちに、生まれ、年齢、国籍を問わず、敬意を持って接すること
7.思念と自覚をそなえ、仕事に関係する分野の勉強に専念すること
8.クライアントの秘密は絶対に他人に漏らさないこと
9.四無量心(しむりょうしん)を持ってクライアントに接すること
四無量心とは慈悲喜捨(じひきしゃ)で、、「慈(じ)」相手に楽を与えたい心、「悲(ひ)」相手の苦をとりのぞいてあげたい心、「喜(き)」そして楽を与えられ、苦がとりのぞかれた状態をを共に喜ぶ心、「捨(しゃ)」楽を与えてあげた、苦をとりのぞいてあげたということに執着しな心です。
タイマッサージ道とは、四無量心を育てる道です。
慈悲は、セラピストの使命です。
喜は、セラピストの生きがいです。
捨は、セラピストのプライドです。
四無量心は限りなく成長させることのできる利他的な心です。
10.幸運、運の尽き、出世、落ちぶれ、賞賛、悪口、幸福、苦痛などに一喜一憂しないこと
セラピストの10義務
1.マッサージの始めと、終わりに祖師シワカ・コマラパ先生に祈りを捧げること
2.常にマッサージの勉強を怠らないこと
3.人に教えをこうことを厭わず、人の教えに謙虚に耳を傾けること
4.マッサージ分野以外の他分野の勉強もおこたらないこと
5.練習や修行をしない人の知識や技術を信じないこと
6.緊急的応急処置以外では、公共の場でマッサージをしないこと
7.儲け、見返りに貪欲でないこと
8.己の技能、知識を鼻にかけないこと
9.他のセラピストと良く交流すること
10.知識のないことについては行わないこと
仏教の基礎
タイマッサージは、仏教の影響を受けたタイ伝統医学の中で育まれてきました。
タイマッサージが、「タイマッサージ道」そしてセラピストに求められるモラルや倫理のそのバックグランドである仏教を少し覗いてみましょう。
五蘊(ごうん)
タイマッサージの原点であるタイ伝統医学は、人間の存在は五蘊(五つの集まり)で成り立っていると考えています。
蘊とは集まりの意味です。
五蘊とは、色(しき)、受(じゅ)、想(そう)、行(ぎょう)、識(しき)です。


色は、肉体、物質的な存在、土・水・風・火の4大元素で成り立っています。
受は、感受する苦楽、快不快の感覚や印象のことです。
想は、感受したことを心の中で想うこと、感情です。
行は、何かしたいと思うこと、その行動です。
識は、心の中で、いろいろ考え、認識することです。


色は、仮に彼や彼女の肉体だとしましょう。
受は、初めて遇った時の「ドキッ」とした印象です。
想は、「素敵だなぁ」という感情です。
行は、あなたが彼や彼女にしたアプローチです。
識は、その時のメールに書きとめられています。
仏陀は、これによって、確固とした人間の存在を説明したのではなく、単なる五蘊の集まりにすぎないと説きます。
すべては変化し移ろい行くものとして、無我を導きます。
般若心経の「五蘊皆空」(ごうんかいくう)です。
彼や彼女は、今では年をとり衰えて、一目ぼれしたときの印象や感情は一体何だったのか、その時のメールは急いで削除してしまいましょう。
仏陀は何を説いたのか?
仏陀は、この世は「苦」と「無常」の世界で、それから逃れるには因縁の法則(カルマの法則)から脱することとしました。

苦(四苦八苦)とは生老病死の他、別れや、そのチャンスに恵まれないなどの苦しみも含みます。
無常とはすべては移ろい行くこと、生まれたら必ず死ぬことです。
因縁の法則とは、ものごとには必ず原因と結果があり、偶然のものは何もないという法則です。
簡単に言えば悪いことをすれば、悪いことが起こるという思想で、これは輪廻転生というたくさんの生を超えて起こります。
それらから逃れる方法が仏教の修行です。
仏教には、中道(ちゅうどう)、八正道(はっしょうどう)、五戒(ごかい)などの教えがあります。
これの教えが、タイのタイマッサージ師がもつべきモラルのバックグランドになっています。


中道とは、快楽主義と禁欲主義などどちらの極端にも偏らないことです。
すべての欲をたてば、人間は死んでしまいます。
仏陀も死にかけた経験から導きだされた教えです。
八正道は、次の8つです。
①正しく見る
②正しく考える
③正しく語る
④正しくふるまう
⑤規律正しくする
⑥努力する
⑦信念をもつ
⑧心をとぎすます
正見(しょうけん)
正思惟(しょうしゆい)
正語(しょうご)
正業(しょうごう)
正命(しょうみょう)
正精進(しょうしょうじん)
正念(しょうねん)
正定
(しょうじょう)
ワット・ウモン ガリガリ仏陀
五戒とは、次の5つです。
①殺さない     
②盗まない   
③不倫しない   
④嘘をつかない 
⑤酒を飲まない
不殺生(ふせっしょう)
不偸盗(ふちゅうとう
不邪淫(ふじゃいん)

不妄語(ふもうご)
不飲酒(ふいんしゅ)
この五戒を守るには、出家して寺にこもっているしかないと、断念せざるを得ないわけですが、ベトナム戦争時代の経験から仏教の積極的な社会参加「エンゲイジド・ブッディズム」を説いたベトナムのティク・ナット・ハン氏は、次のように五戒の現代的な解釈を提唱しています。
①生命に敬意を払う
②寛容になる
③性的な責任を果たす
④深く耳を傾けて愛をこめて話す
⑤意識的な消費をする


そして、もしあなたがあるがままの自分に気づき、いつも微笑んでいられたら(マインドフルネス)、この世は苦でも無常でもなく、美しく、喜びに満ち溢れていると説きます。

2時間目
癒しの瞑想
参考文献・HP・ブログ等
ヒポクラテスの誓い
ティック・ナット・ハン
チェンマイ夢の家タイマッサージ学校テキスト
โรงเรียนแพทย์แผนไทยชีวกโกมารภัจจ์ オールドメディソン理論テキスト
四無量心