チェンマイにあるタイ国文部省公認のチェンマイクラシックアートタイマッサージスクール(CCA)の無料オープン講座です。タイマッサージのお祈りの動画、タイマッサージの父シワカ・コマラパ(ジーバカ)の人物像と、タイマッサージとの関係とは、その祈りの意義とは?
2時間目 これまで、タイマッサージスクールで行われてる朝のお祈りや、施術者がする施術前のお祈りの意味や意義はあまり説明されて来ませんでした。
またその対象となるシワカ・コマラパ(ジーバカ)という人物についても、その人物像が曖昧のままでした。

ただ習慣だからと漫然とするのではなく、その意味や意義を知ったうえで、価値あるものとして受けとめ、自分にとって少しでも利のあるものとしたいものです。
ホーム
理論講座
1時間目
タイマッサージ道
2時間目
癒しの瞑想
3時間目
タイマッサージの歴史
4時間目
タイマッサージの分類
5時間目
四大元素理論とタイ伝統医学の基礎
6時間目
10本の主要エネジーライン
7時間目
行列のできるマッサージ
8時間目
タイマッサージの秘訣と独特のリズム
9時間目
タイマッサージの4ポーズ
10時間目
タイマッサージのテクニックと略語
11時間目
タイマッサージの解剖生理学(1)
12時間目
タイマッサージの解剖生理学(2)
13時間目
タイマッサージの法律
14時間目
タイハーブとタイ伝統医学
15時間目
ルーシーダットンとヴィパッサナー瞑想
16時間目
理論テスト

癒しの瞑想
祈りのマントラ
チェンマイクラッシクアート(CCA)の朝のオムナモ風景
(※動画が見られない場合は、ActiveXコントロール実行を許可してください)
日本の真言宗で創始者空海は、マントラ(真言)を唱え虚空蔵(アカーシャ)に行けば、私の中に一切の智(情報)は眠っているのだ。
そしてその虚空の空間に入ると「五大に響きあり、十界に言語を具す」(物質と精神には響きがあって、それぞれに言葉を用意している。)と説きました。

タイ伝統医学は、マントラ・タイマッサージ・タイハーブで構成されていましたが、現代伝統医学はグローバルスタンダードを目指してマントラ部分を省いてしまいました。
言葉の響きによるヒーリングの可能性を捨て去ったのです。
このマントラは、タイマッサージにかろうじて習慣として残った貴重なマントラです。
ナモタサ パカワト アラハト サマ サプッタサ
(3回繰返し)

オムナモ シワコ シラサ アハン カルニコ サパサタナン オサタ ティパマンタン 
プラパソ スリヤチャンタン コマラパチョ  パカセスィ ワンタミ バンティト スメタソ アロカ スマナホミ

(3回繰返し)

ピヨテワ マヌサナン ピヨプロマ ナムタモ ピヨナカ スパンナーナン ピニシヤン 
ナマミハン ナモプッタヤ ナウォンナウィエン ナサティナサティエン エヒママ 
ナウィエナウェ ナパイタンウィエン ナウィエンマハク エヒママ ピヤンママ 
ナモプタヤ

(1回)

ナア ナワ ロカ パヤティ ウィナサンティ 
(3回繰返し)
オムナモメディテーションの意義
先生にワイクルー
ムエイタイのワイクルー
このマントラ(お経)は、インドのパーリ語とタイ語がランダムに散りばめられたもので、基本的に完全訳は不可能です。
ただマントラはその意味でなく、その音に神秘的な力が存在している呪文であるとされています。
タイ人は、「ワイクルー」(教師に合掌する)と言って、知識などを授けてくれた師に敬意を表す習慣があります。
またそういう特別な日も設けられています。
ムエイタイの選手たちが戦いの前に踊りを舞い精神集中を高めていくのもワイクルームエイとよばれています。
タイマッサージスクールでは授業が始まる前に、Dr.シワカ・コマラパに祈りを捧げます。
また施術の前にも小さなワイクルーをします。
このマントラの散りばめられた言葉の断片を繋ぎあせてみると、タイマッサージの祖師Dr.シワカ・コマラパ先生の御霊招聘(みたましょうへい)のマントラとして、だいたい次のような意味内容がイメージとして浮かび上がって来ます。
イメージ訳として)
わたしたちは、ゴッドファーザー・シワカ・コマラパ先生の霊を地上にお招きします。
先生は、かつて癒しの智慧と恵みを地上にあらわされました。
どうか、その御霊がわたしたちに降りて来て、癒しの技をお示しください。
癒しの神は天高くおすまいになり、人は地にすくっています。
天が地に映しだされ、癒しの智慧とその恵みが地上に充たされますように。
この手でふれる人々から苦痛がとりさられ、幸福がもたらされますように。
つまりオムナモで始まるオムナモ・メディテーションは、
という意味をもつ『癒しの瞑想』行為だと考えられます。
ですから、このマントラを授業や施術の前に唱えることは、きっとタイマッサージの学生やセラピストに深い精神集中力と神秘的力を詠唱者にさずけてくれるはずです

参考
オムナモ=畏れ多くも創造神様
シワコ シラサ=徳高きシワカ様
アハン=私
カルニコ サパサタナン=生きとし生けるものに情けをしめす
スリヤチャンタン=太陽と月
パカセシ=言う
ワンタミ バンティト スメタソ=私は聡明で賢き人に敬意を払う
アロカ スマナホミ=病気から解放され、幸福になりますように
ナモプッタヤ=仏様
ロカ パヤテイ ウィナサンティ=病気が消え去りますように

「タイ式マッサージ タイ伝統医療の理論とテクニック」 リチャード・ゴールド著 医道の日本社 から引用しました。
 CCAオリジナルシワカ・コマラパ ご自由にダウンロードしてご使用ください
 
シワカ・コマラパ(ジーバカ)とは?
エメラルド寺院のシワカ像
では、このタイマッサージとシワカ・コマラパさんとの関係はどういうものなのでしょうか?
タイではシワカ・コマラパ氏を、「タイマッサージの父」と称したりしますので、日本などでは「タイマッサージの創始者」みたいな記述もみられます。
またシワカ・コマラパ氏はインドの人なので、インドからタイにマッサージを伝えに来たなどという記述もあります。
それなら「タイマッサージ」ではなく「インドマッサージ」になってしまいますし、このシワカ・コマラパ氏が活躍した今から2500年位前には、現在のタイの土地には、タイ人はいませんでした。
シワカ・コマラパは、インドの仏陀の時代に名医として名高かった人です。
つまり「仏教医学」の中心となった人です。
日本では、ジィーヴァカ、耆婆(ぎば)と呼ばれ、あまり良い例ではないですが、1995年の「地下鉄サリン事件」でサリンを製造した中心人物の一人である遠藤誠一のホーリーネームが、ジーヴァカであり、サリンが製造された第10サティアンはジーヴァカ棟と呼ばれていました。
オウム真理教は、原始仏教をベースとした宗教集団でしたが、このように仏教界で医学と言えばこのシワカ・コマラパを連想するのです。
タイ族の独立国が現在のタイの土地にできたのは、今から800年位前ですが、タイの王様たちはその頃から仏教を保護してきたため、医学の分野も仏教医学の考え方を元に発展してきました。
そしてタイマッサージも医術として、タイ伝統医学の中で重要な役割を持っ発達ししてきた経緯があります。
シワカコマラパと仏陀
つまり、シワカ・コマラパは仏教医学に基づくタイ伝統医学にとって父的な存在です。
それは、タイ伝統医学の中の医療手段として発達したタイマッサージにとっても同様です。
そして、リラクゼーションの分野のタイマッサージが、シワカ・コマラパを祈りの対象とするのは、そこにルーツがあります。

このタイ伝統医学を構成している3つの柱は、@お経(マントラ)を唱えるAタイハーブを処方するBタイマッサージを施すです。
@の「お経(マントラ)唱える」行為は、精神世界の深い源泉にふれる行為で実証できるものではありませんが、人間の直感の中では必ずしも否定しにくものです。

実際の施術前のオープニング・メディテーションとして、小さなワイ・クルーをしますが、今まで述べた「癒し効果」とともに、次の様な効果も考えれれます。
@施術準備で、バタバタとしたあとの心の乱れを鎮めて、精神を集中する。
A施術によりクライアントの邪気を受けてしまうことへの防御
Bタイマッサージが伝統と秩序のあるマッサージであることのデモンストレーション

シワカ・コマラパは、タイ伝統医学やタイマッサージの関係者のみならず、庶民が尊敬すべき人物であり、物語やコミックも発売されています。
また、「無病息災」を願うタイの一般の人たちの信仰対象にもなっていて、寺や市場にはシワカ・コマラパ像やお守り、ペンダントが売られています。

シワカ・コマラパ物語
宇宙には、人間の歴史や記録や神々の智慧が、刻み込まれたアカシック・レコード(Akashic Records)と言う膨大な記録の書庫が存在すると言われています。

歴史上のメルクマール(転換期)には、時としてこのアカシックコードの聡明な読解力をもって、地球上の文化を飛躍的に進化(ジャンプ)せしめる逸材が生れ落ちます。今から2500年前、仏陀という逸材が出現した時代、符号するようにシワカと言う新星も生れ落ちました。


シワカは物理的医学の発展に貢献した人物です。また仏教に帰依し、この頃の原始仏教集団の中でも中心的人物でもあります。
その医療は、ハーブやオイル、バターをぬりマッサージする外的治療から、薬草を処方する内科的治療、腹部の切開手術から、頭蓋骨を切り開く脳外科手術にいたるまで多岐に渡るものだったと記録されています。

場所は、古代インドのマガダ国、ビンビサーラ王の時代、首都はラージャグリハ(王舎城)です。ビンビサーラ王は、仏陀がまだ釈迦族の王子ゴータマ・シーダールタであった時から親交のある人物で、後に仏教に帰依し、仏陀を援助した王様です。

シワカは、実はビンビサーラ国王と娼婦サーラヴァティーの子であり、それ故に殺される運命にあり、密かに捨てられたと言う説もあります。
だとするとシワカは、アパヤ王子の異母兄弟と言うことになります。

王舎城は、美女たちを並べた娼館が有名で、各国の商隊がそこを好んで通過したので、いろいろな国のいろいろな物資が集まり繁栄したのでした。
つまり娼館の運営は国策であり、集められた娼婦たちも一種の公務員と言えます。公募された娼婦のうち一番の美女がサーラヴァティーでした。
選考委員長のビンビサーラ王がほっとくわけないですね。

シワカは成長し出生の秘密を知ると、独立の意思を持って王宮から飛び出し、その頃の学問の中心であったタキシラの地(現在のパキスタン)の名医ピンガラ(賓迦羅)から7年間医術と薬学を学びます。
シワカはずば抜けた生徒で、先生に教えられると言うよりは、しばしば適切なアドバイスを先生に与えた弟子であったようです。

インド伝統医学「アーユルヴェーダ」の系譜では、神々が人間に与えた医学は創造主のブラーフマー神→万物の王プラジャパティー→アシュヴィン双神→インドラ神に伝えられ、インドラ神はこれを弟子のバラドヴァージャやアートレーヤ(内科学)、ダンヴァンタリ(外科学)、カーシャバ(小児科学)に伝えたとされています。
アーユルヴェーダの系譜の中では、シワカ・コマラパは、「インド外科学の父」と言う記述もみられます。

シワカ・コマラパの卒業試験のエピソードは、森にはいって、「植物の中で薬にならない草を探してこい」と言うものでしたが、シワカの答えは手ぶらで帰って来て、「万草薬草」つまり、薬にならない草は何もないという答えで、他の学生たちを凌いで卒業します。

医者としての業績は、シャージャグリハへの帰り道から始まります。
途中サケートの町で、6年間頭痛に悩まされていた金持ちの婦人を痛みから解放し、褒美にたくさんの金品、奴隷、馬車をもらいます。

アパイ王子のもとに帰ったシワカ・コマラパは、自分のかってな行動を謝罪し、今まで育ててくれた恩返しとして、それらの金品を差し出します。もちろんアパイ王子はその金品は受け取りません。
無事に帰ってきたことだけで十分だったのです。

シワカ・コマラパは、その後ビンビサーラ王の持病である痔を治して、王様の主治医に抜擢されます。

シワカは、薬草を処方する内科的な治療だけでなく、お腹を開いて腸の悪い部分を取り除いたり、頭蓋骨を切開して脳から寄生虫を取り除くような外科治療もほどこしました。

この時代に「脳外科手術」とふれると、ここでガクッとテンションが落ちてしまう「常識人」もいますが、「トレパネーション」と言う頭蓋骨穿孔手術などは、宗術的な意味もありますが、古代から行われていた治療で特別に驚くものではありません。

『ホムンクルス』と言う山本英夫さんのコミックは、トレパネーションを受けたホームレスの男が、「他人の深層心理が現実のようにイメージ化されて見える」という異常な世界に巻き込まれるサイコスリラーです。
シワカの医者としての名声は、仏陀までにもしられることになり、ビンビサーラ王の紹介で、仏陀の主治医にもなります。
これはシワカ・コマラパが最も望んでいたことでもありました。


ウッチェニー国の暴君チャンタパチョー王は、長い間持病に悩まされていましたが、シワカ・コマラパの噂を聞いて、出頭命令を出します。
シワカ・コマラバは王を検診して治療できると確信しますが、王の条件は、@治療できなかったら首を切ること、A嫌いなバターを使わないことでした。
これにはシワカ・コマラパも少しためらいます。
バターはこの治療には必須だったからです。しばらく考えていたシワカ・コマラパも王に条件をだします。@薬の調合用の個室を特別に用意すること、A宮廷の門を一昼夜開放しておくこと、B一番脚の早い象を用意することでした。
薬草をいつでも森に摘みにいけるようにということでした。

シワカ・コマラパが調合した薬を飲んだ王はしばらくして、バターが入っていることに気づき激怒しますが、その時はシワカ・コマラパが象に乗って王宮の門を出て逃走した後でした。王は象よりも脚の早いカーカという家来を呼んで、シワカ・コマラパの首をとってくるように命じます。

カーカは、森で休んでいたシワカ・コマラパに追いついて捕まえますが、シワカ・コマラパは疲れ果て空腹のカーカのためにおいしそうな木の実に下痢薬をしのばせてさしだします。

漫画シワカコマラパ物語
カーカは始めは恐る恐る手を出しますが、つい我を忘れてムシャぶりつきます。シワカは、しばらくして下痢による腹痛で動けなくなったカーカと借りた象を残して立ち去ります。
脚の早いカーカは脚の早い象とともに打ち首を覚悟で重いい足どりで王のもとに戻りますが、そこで待っていたのは歓喜するチャンタパチョー王でした。
長年の持病が回復した王は、シワカ・コマラパに医者としの讃辞と高級な織物を褒美としてつかわします。

シワカは、この織物を仏陀にささげ、これをきっかけとして、それまで禁止されていた織物の仏教徒たちに対しての寄進が解禁されたのです。
それまでの仏教徒はとても粗末な法衣を着ていました。
シワカ・コマラパは仏陀の従兄弟のデーヴァダッタが、仏陀の後釜を狙って、山の上から岩を落として仏陀にケガをさせたときも、その治療に当たりましたが、そのデーヴァダッタが、アジャセ王をそそのかして、その父のビンバサーラ大王を殺させようとしたときも重要な役割をします。

ビンバサーラ王の正妻イダイケには、子供がありませんでした。
それに悩んでいる妻をみかねて、王は占い師に占わせます。占い師は、3年後に亡くなる仙人が転生してイダイケのもとに生まれることを予言します。
ビンバサーラ王はその3年が待てずに、人をやって仙人を殺害します。
仙人は次の転生で復讐を誓って絶命します。

王は子ができたものの、その子アジャセにいつ復讐されるか気が気ではありません。
ある日思い余って、高台からアジャセを突き落としたため、アジャセの一本の指は曲がってしまいます。
ビンビサーラ王はアジャセ王子に王位を譲りますが、ある時デーヴァダッタが、ビンビサーラ王がかつてアジャセを殺そうとした事実を暴露します。
ビンビサーラ王が仏陀を擁護している体制をかえさせるためです。

これに激怒したアジャセは、ビンビサーラ大王を捕まえて牢獄にいれ、死ぬのを待ちます。
いつまでも死なないので不審に思ったアジャセは、母のイダイケがビンバサーラ大王の面倒を見ていることを知って、またまた激怒して、母イダイケをも殺そうとします。
ここにかけつけたのが月光大臣とシワカ・コマラパ大臣です。
シワカはマガダ国の大臣も務めていて、アジャセを補佐していたのです。
アジャセはビンビサーラ王とイダイケ王女の子、シワカ・コマラパはビンビサーラ王とサーラヴァディの子で異父兄弟になります。
自らの母に手をかけようとするアジャセに月光大臣が、「王よ、ヴェーダ聖典の教えに依れば、昔より多くの悪王がいて、父王を殺害したことは一万八千回もあるそうですが、未だ道理からはずれて母を殺害した王はいません」、と王を制止すると、この言葉に驚き戸惑ったアジャセは、シワカ・コマラパに同意を求めます。
しかし、シワカ・コマラパは「王よ、母を殺してはなりません」と、きっぱり言い刀の柄に手をかけアジャセをとどめました。

間もなくアジャセの子にひどい腫れ物ができたとき、アジャセが子供の腫れ物の膿を自分で吸い出そうとしたところをイダイケが見ていて、ビンビサーラ王もアジャセに同じようにしたのだと言ったので、アジャセは急に自分が間違っていたことを悟り、ビンビサーラ王の牢獄にかけつけます。
ビンビサーラ王はその足音が、自分を殺しにきたのだと思い自ら舌を噛み切って自殺します。

アジャセに父親殺しの罪をつくらせないためにです。
自分の間違えを悟ったアジャセ王であるが、体中にデキモノができて異臭をはなち、人も近づけない状態に陥ってしまいます。
アジャセはシワカ・コマラパを呼んで相談します。
「わたしは正しく国を治めていた父王を非道にも殺してしまったのだ。
どのような名医も良薬も、この病を治すことはできないだろう。」と名医シワカに問いかけます。
シワカ・コマラパは、「善いことを仰せになりました。王さまは罪をつくりましたが、深く後悔して懺悔の心をいだいておられます。その懺悔の心が残っていれば、癒されることは可能です。」
そこに天からビンバサーラ王の声がして「アジャセよ、仏陀のもとに行きなさい、仏陀が涅槃に入ろうとしている。もう時間がない。仏陀のほかにお前を救えるものはいない。」と言いました。
このころ仏陀の死期せまっていましたが、仏陀は「わたしはアジャセのために涅槃に入らない。わたしは真理をさとったもののためにこの世にとどまっているのではなく、罪のあるもののためにこの世にとどまっているのだ。」と言う言葉を残しています。
アジャセは仏陀に救われることになりますが、この時代は、シワカ・コマラパは体を治し、仏陀は心を治したと言われています。
 スピリチュアル・ヒーラー
 
 ハリーエドワーズの背後には防毒殺菌外科手術の完成者であるリスター、パスツール、ロシアの外科医メチニコムなどがいたとされます(「霊的治療の解明I国書刊行会)。治療家と霊界の医師との波長が一致し、しかも患者の治るべき時期が熟している時に治療家が一切手を触れずに一瞬のうちに治してしまうものがあります。の治療エネルギーは実は人間の全てに宿されていているのです。霊的兵器庫の中にしまわれていて、努力次第で活用することができるのです。身体に自然治癒力があるように、霊的存在であるあなたがたには霊的に治療する力が具わっております。身体的障害を取り除いてあげても、その患者が霊的に何の感動を覚えなかったら、その治療は失敗したことになります。魂に霊的悟りをもたらせることこそ心霊治療の真髄だからです(「シルバー・バーチの霊訓」潮文社)。
 行列のできる1バーツ(3円)治療のタイマッサージ師
 夜中の1時、2時から患者が行列。治療費1バーツのタイマッサージ治療家。患者は松葉つえでやって来て、それをおいて歩いて帰って行く。天井にはその松葉杖が無数に並ぶ。
 
 
3時間目
タイマッサージの歴史
参考文献・HP・ブログ等
新訳聖書
ジィーヴァカ
トレパネーション
聖なる科学と真言密教